山本 賢吾



両河内を代表する生産家「山本賢吾」さんのご紹介
 

静岡茶の生産家 山本賢吾   山 本  賢 吾
茶園所在地 静岡県静岡市清水区大平
茶園面積 225アール
栽培品種 藪北(やぶきた)、さやまかおり、
かなやみどり、おくゆたか、大棟、
さわみずか、香駿、蒼風
栽培方法 JAS有機栽培
荒茶製造方法 生葉をつぶしたり細かくすることなく、素直に揉み上げる。

本人から一言

以前は慣行栽培で販売は農協の共販に頼っていましたが、大ざっぱな一括販売に
疑問を感じていました。また、静岡県のお茶の中で清水のお茶が「量増やしの
ブレンド材料」として使われていることを不満に思っていました。

そんな時に葉桐と出会い、良いも悪いもすべてを評価されるようになり、
お茶作りの本当のおもしろさ怖さを知り、俄然おもしろくなったところです。
今では有機栽培にも取り組ませてもらい、茶園もそれに応えてくれつつあるところです。


 
leaf03.gif

葉桐から一言

標高250~400m 興津川支流最上流部に山本さんの茶園があります。

お茶に熱い気持ち持った生産家です。
自分のお茶の流通、取引のされかたに疑問を持って葉桐の門をたたいてくれました。
良いも悪いもすべてを評価される真剣勝負に、本当の意味でのやる気になってくれました。

賢吾君が作るかなやみどり、おくゆたか、さやまかおりは有機栽培茶中ので、
たぶん日本一美味しい品種茶です。頼れる生産家です。


 

生産家 山本賢吾のお茶一覧 (全てJAS有機栽培)
shimizugonduke.jpg   真富士(小)   大平(小)    
             
さやまかおり   かなやみどり(小)   おくゆたか(小)    


生産家紹介に戻る



 


 

 
             
             
             


 

 

お問い合せはこちら
TEL:0120-505-418
FAX:0120-431-418