森田 隆夫


 

静岡茶の生産家 森田隆夫   森 田  隆 夫
茶園所在地 静岡県静岡市葵区湯の島
茶園面積 150アール
栽培品種

藪北(やぶきた)、やまかい、やえほ

栽培方法 自家製堆肥活用、芽重型栽培
荒茶製造方法 見た目ではなく、香味重視


本人から一言
 

茶畑作りには自信があります。
おいしいお茶は、茶畑が立派でなければ作れないから、自家製の堆肥作りから手がけています。
 葉桐には、摘採から製造までの生葉の鮮度管理や、摘採時期の良否、蒸し具合、揉み込みなどに
ついて、うるさく指摘され製造には本当に気を使います。でも、それによって自分のお茶が
活かされているんだと思います。

葉桐からよく言われます。
「お茶は見るもんじゃない飲むもんだ、美味いお茶頼むよ。」
この言葉の重みに負けないように。

leaf03.gif

葉桐から一言

大川地区の農業指導員が言います、「隆夫の畑は街道一」と。
そんな茶畑から昔ながらの香りある、美味しい静岡のお茶を提供いただいています。
湯を注した時に湧き立つ香り、含んだ時に広がる味わいは正に「お茶は飲むもの」です。
東京紀ノ国屋様のブランド、「大川湯島」として販売いただき30余年。

その正直な栽培、製造がじわじわとファンを増やしています。
価格は安いが実力は天下一品。

「最近のお茶は味、香が薄くなった。」とお嘆きにお客様、
ぜひ一度「湯ノ島」を試してみてください。
昔懐かしい、「お茶」の味わいをお楽しみいただけます。


 


 

生産家 森田隆夫のお茶

湯ノ島(小)

           


生産家紹介に戻る


 


 

 
             


 

 

お問い合せはこちら
TEL:0120-505-418
FAX:0120-431-418