松川 洋平


 

静岡茶の生産家 松川洋平   松 川 洋 平
茶園所在地

静岡県静岡市駿河区丸子

茶園面積 130アール
栽培品種 藪北(やぶきた)、こんどうわせ、大井早生、かなやみどり、香駿
栽培方法 慣行栽培、芽重型、
有機配合肥料バランス良く
荒茶製造方法 蒸しについて。生葉の投入量50㎏
40分で。余分な水分をしっかり取ることを心がける。


本人から一言

山手なので、平坦地が少ないためにお茶を上手く活用したいと興味を持った。
やってみてその難しさに興味をひかれた。葉桐を通じ生産家仲間も出来て、
現在はお茶作りが楽しくて仕方がない。

leaf03.gif


葉桐から一言
 

東海道の宿場の1つ静岡「丸子」。ここ丸子はお茶の品種改良など近代茶業の確立に尽力した
日本茶業界の祖 多田元吉翁ゆかりの地でもあり、今でも多くの品種茶が残っている茶産地です。

そんな丸子の生産家、松川さんは、農業を「経営」として、栽培や製造を「技術」として
考えることのできる期待の若手生産家です。
丸子で育まれた民間育種の「こんどうわせ」を武器に、継続可能なお茶生産を目指します。


 

生産家 松川洋平のお茶一覧

mariko_s.jpg

  こんどうわせ(小)        

生産家紹介に戻る



 


 

 
             


 

 

お問い合せはこちら
TEL:0120-505-418
FAX:0120-431-418